MENU
おすすめプログラミングスクール紹介用バナー
Webpia編集部
Webpiaはプログラミングとノーコードについて紹介するWebメディアです。主に10~30代向けに記事を執筆しております。
【最大70%オフ】給付金が貰えるプログラミングスクール一覧

エンジニアは週1の副業で稼ぐことができるの?副業の際の注意点などを徹底解説!

あなたにぴったりなプログラミングプランは?
DMMWEBCAMP エンジニア転職 バナー
レバテックルーキーのバナー
はじめてのエンジニアのバナー

エンジニアは本業としてだけでなく、副業として稼ぐ手段としても、人気になってきていますが、週1の副業で稼ぐことができるのか不安な方は多いでしょう。そこで本記事では、エンジニアは週1の副業で稼ぐことができるのかなどについて徹底解説しました。

副業をすることで収入を上げることができ、会社の収入に依存しなくて済むため、余裕を持って働けるようになるでしょう。副業をするにあたっての注意点などについても解説しているため、是非参考にして下さい。

この記事の簡単なまとめ
  • 週1だとできることが限られてくる
  • 確定申告を忘れないように注意する
  • コストパフォーマンスの高い案件を選別する
もくじ

エンジニアは週1だと厳しい?

エンジニアは週1だと稼ぐことは難しいのか疑問に感じている方は多いため、エンジニアは週1だと厳しいのかについて解説します。

エンジニアは週1だと厳しい?
  1. できることが限られてくる
  2. コミュニケーションを頻繁に取れない

できることが限られてくる

週1でエンジニアをしたとしても稼げないことはありませんが、他の人よりもエンジニアとして働く時間が少ないため、できることが限られてきます。

エンジニアとして働くのであれば納品期限があるため、週1で稼働するのであれば、1,2日で終わらせることができる案件でないと厳しいです。

毎日エンジニアとして働いている人も多いため、わざわざ週1しか稼働しないエンジニアに依頼する必要もないため、安価な案件を受注したり、他のエンジニアと差別化できることがなければ、稼ぐことは難しいでしょう。

エンジニアも増えてきているから、週1だと工夫しないと厳しいね!

コミュニケーションを頻繁に取れない

連絡も週1と決めているのであれば、週1しかコミュニケーションを取ることができないため、スムーズに作業を進めることができない可能性があります。

副業では、インターネット上でやり取りを行う場合が大半であるため、コミュニケーションを頻繁に取ることができないと、クライアントの方との意思疎通を取ることが難しいです。

案件を完璧に納品するためには、頻繁にコミュニケーションを取る必要がありますが、週1であると頻繁に連絡することができないため、副業する上でデメリットとなるでしょう。

このデメリットを無くすためには、平日にも連絡だけ取るようにしなければいけません。

エンジニアが副業する際の注意点

エンジニアは本業としてだけでなく、副業としても働いている人が増えてきていますが、副業する際の注意点があるため、紹介します。

エンジニアが副業する際の注意点一覧
  1. 契約書はしっかり読んでおく
  2. 契約外の業務は特に丁寧に対応する
  3. クライアントの状況を把握する
  4. 本業の会社が副業を許しているのか確認する
  5. 確定申告を忘れないようにする

注意点①契約書はしっかり読んでおく

副業といっても、お金をいただく仕事であるため、本業と同じように取り組むことが大切であり、契約書もしっかりと読んでおくようにしましょう。

エンジニアは制作や開発に関わる案件を担当することが大半であるため、予期せぬバグやプロジェクトの遅れが生じる可能性があります。そのため、業務委託契約の内容や免責事項などを確認しておかなければ、収入が下がってしまう可能性があるため、注意が必要です。仕事であるため、口約束をするのではなく、契約書を必ず結ぶようにしましょう。

お金が関わってくるから、契約書はよく確認しないとね!

注意点②契約外の業務は特に丁寧に対応する

エンジニアとしてクライアントの方から信頼されるようになると、契約内容とは異なる業務の相談をされることもよくあります。いくら契約外の業務とだからといって、全て断ってしまうと、クライアントの方との関係性が悪化してしまう可能性があるため、適度に案件を受注することも大切になってきます。

週1で副業をするのであれば、安価な案件を受けるのではなく、コストパフォーマンスの高い案件を受注することが大切になってくるため、契約外の案件もコストパフォーマンスを考えて受注するようにしましょう。

契約外の業務は、ミスが起こりがちであるため、業務内容をよく確認しておくことが大切です。

注意点③クライアントの状況を把握する

週1の副業としてエンジニアをするのであれば、契約期間内に案件を終わらせることができない可能性があるため、リカバリーしてくれるようなエンジニアがいるのか確認することも大切です。

納期や自分の担当範囲、担当範囲外の業務は誰が行うのかなど、契約書の書面ではなかなか知ることができない部分に関しては、確認しておくようにしましょう。

常駐案件であれば、あまり心配する必要はありませんが、リモートや在宅ワークでの案件には注意が必要です。

注意点④本業の会社が副業を許しているのか確認する

最近では副業を許している会社も増えてきていますが、まだまだ副業禁止の会社もあるため、本業の方の会社は副業が許されているのか確認するようにしましょう。

副業によって収入が高くなると、年末調整で納める住民税が高くなるため、会社に隠して副業していても、バレてしまう可能性があります。もし、副業が禁止の会社であっても、相談することで副業を認めてもらえる可能性もあるため、本業の会社には隠さず、副業をするべきでしょう。

どうしても、副業を禁止する会社に関しては、副業が許される会社に転職することを考えてみるのも選択肢の一つです。

注意点⑤確定申告を忘れないようにする

正社員として会社で働いていると、確定申告をする機会があまりないため、忘れてしまう方が多いですが、副業であっても、収入が年20万円を超えた場合には、確定申告を行う必要があります。

確定申告をすれば所得税を税務署に収める必要があるため、本業の会社に副業の許可を得て、税務署に開業届を出しておくようにしましょう。開業届を出しておくことによって、確定申告を青色申告という形で行うことができ、65万円まで税額控除を受けることが可能です。

会社員の人は、確定申告をする機会がないから忘れがちだよね!

エンジニアが案件を探す方法

エンジニアを副業として行なっている方の中で、どのようにして案件を受注しているのか気になっている方は多いでしょう。そこで、エンジニアが案件を探す方法について解説します。

エンジニアが案件を探す方法一覧
  1. 知り合いの紹介で案件を受注する
  2. TwitterなどのSNSで探す
  3. オンラインサロンに入会して人脈を広げる
  4. エンジニア向けセミナーなどに参加して交流する
  5. 派遣会社に登録する
  6. クラウドソーシングサイトから探す

知り合いの紹介で案件を受注する

エンジニアの方の中には、エンジニア同士のコミュニティを持っており、知り合いの紹介で案件を受注している方も多いでしょう。ホームページ制作だけでなく、WebやIT業界で働いている企業の中の知り合いが募集しているということもよくあります。

エンジニアの方が売り手市場の業界であるため、探してみると結構案件が見つかることがあるので、その中から条件の良い案件を受注するようにしましょう。

知り合いであれば、多少のミスがあったとしても許してもらえる確率が高く、リラックスして取り組むことができるでしょう。

TwitterなどのSNSで探す

直接知り合いでなくても、インアターネットで繋がることができる時代であるため、TwitterなどのSNSを活用して案件を探すことができます。

実際に、SNSでエンジニアを探しているアカウントもよくあるため、自分のスキルなどをTwitterに投稿し、アピールしていくようにしましょう。

SNSは気軽に始めることができるため、悩んでいる暇があるならば、まずはアカウントを作成することが大切になってきます。

オンラインサロンに入会して人脈を広げる

エンジニア向けの情報が得られるオンラインサロンには、サロンオーナーの考え方に共感する人が入会するため、人脈を広げやすいです。

オンラインサロン同士でプロジェクトをスタートさせたり、オーナーのもとに入ってきた案件を振ってもらえたりするオンラインサロンもよくあります。

オンラインサロンに入会している方の中には、意識が高いサラリーマンの方が多く、役職についている方やフリーランスとして活躍している方も多くいるため、仕事を探すためには良い環境です。

エンジニア向けセミナーなどに参加して交流する

エンジニアを目指す人は増えてきているため、エンジニア向けセミナーを行っているところはよくあります。そのため、エンジニア向けセミナーに積極的に参加して取り組んでいる業務をアピールしたりするようにしましょう。他の仕事を探す方法と少し違い、同じエンジニアから案件をもらうことができるため、質の良い案件に巡り会う可能性が高いです。

エンジニア同士のコミュニティを広げたいのであれば、積極的に参加するようにしましょう。

派遣会社に登録する

派遣会社に登録して就業することによって、有期雇用契約という形で厚生年金に加入しながら正社員よりも比較的責任感の低い仕事を行うことができます。

また、有給休暇も付与されるため、副業を一気に進めたい時やスキルアップセミナーに参加したい場合には、有給を使うことも可能です。

派遣会社であれば、様々な現場で仕事することになるため、色々な仕事に対する対応力を身につけることもできます。

クラウドソーシングサイトから探す

副業としてエンジニアをしている方の中で最も多いのが、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサイトから案件を受注する方法です。

大手のクラウドソーシングサイトであれば、案件の数がかなり多く、案件の難易度も様々であるため、初心者の方でも簡単に案件を探すことができます。

副業を始めてする人は、クラウドソーシングサイトから探すのが多いよ!

週1で稼ぎたいエンジニアにおすすめの案件内容

週1で稼ぐためには、普通のエンジニアと働き方が変わってくる部分もあるため、週1で稼ぎたいエンジニアにおすすめの案件内容について解説します。

色々な稼ぎ方があるから、選択肢を広げることも大切だね!

週1で稼ぎたいエンジニアにおすすめの案件内容一覧
  1. 知り合いのホームページ制作や運用保守
  2. スマホアプリ開発の課金収入
  3. スキルを教えるブログを運営することによる広告収入
  4. スキルを教えるライターとして記事執筆
  5. エンジニアセミナー講師

知り合いのホームページ制作や運用保守

副業を始める上で、最も始めやすいのが、知り合いのホームページ制作や運用保守を行うことです。無料ホームページ制作ツールで作っていたとしても、色々なことがやりたくなり、Webデザイナーやエンジニアを探しているという方は多いです。

そのような方が知り合いにいるのであれば、ホームページ制作や運用保守・メンテナンスを受託するというのは王道の副業を始めるパターンとなっています。経験を積むことを目的としているため、最初から高い単価は望まない方が良いでしょう。

最初はコスパが悪いですが、経験を積むことによってコスパを上げることができます。

スマホアプリ開発の課金収入

エンジニアにしかできない副業としては、スマホアプリを開発してApple StoreやGoogle Playストアでリリースし、課金収益を得る方法があります。未経験の方がスマホアプリを開発することは難しいため、経験者と組んで開発する方が良いでしょう。

また、プログラミングの中でも、フロントエンド言語とバックエンド言語があるため、フロントエンドを習得しているエンジニアの方はスマホアプリを開発することは難しいため、注意しましょう。

スマホアプリは収益が出ない可能性もありますが、ヒットすると、かなり高い収益を得られる可能性も秘めているため、夢のある仕事だと言えます。

スキルを教えるブログを運営することによる広告収入

最近は、エンジニアがブログなどで発信することも増えてきており、ハードルも上がってきていますが、ブログでも十分に稼ぐことが可能です。

ブログもアプリ開発と似ており、収益が全く出ない可能性もありますが、閲覧数がかなり増えると収益もかなりもらえる可能性があります。しかしながら、ブログを執筆するため、エンジニアとして必要なスキル以外に、ライティングやマーケティングのスキルも求められてきます。

すぐにブログが収益化できることはないため、継続して執筆し続けることができる方でないと、収益が出るまでブログを続けることは難しいでしょう。

スキルを教えるライターとして記事執筆

記事を書くという作業であるため、ブログと似ていますが、メディアを運営している企業や個人から依頼を受けて記事を執筆することもあります。

ブログ運営では収益が出ない可能性もありますが、依頼されて記事を執筆するのであれば、文字単価が決まっていることが多いため、必ず収入を得ることができます。

エンジニアとして高い技術を持っているのであれば、希少性が高いと判断してもらい、より高い単価で案件を受注することが可能です。

エンジニアセミナー講師

これまでに培ってきたエンジニアのスキルを活かして、セミナーを開くことによって稼ぐという方法もあります。

最初は無料で開催したりすることも多いですが、実力や知名度がついてこれば、有料で開催しても人が集まるようになり、お金を稼具ことも可能です。

セミナー講師として働くためには、エンジニアとしても知識や経験だけでなく、ブログやSNSなどの発信力・集客力、プレゼンテーション力が求められます。

セミナー講師として人気になることができると、エンジニアとしての仕事をしなくても良いほど稼ぐことができるでしょう。

まとめ:エンジニアは週1の副業でも稼ぐことができる

この記事の簡単なまとめ
  • 案件を探す方法は色々ある
  • 副業はエンジニアとして働くだけではない
  • エンジニアの知識を活かした他の仕事をするのであれば、他のスキルも必要になってくる

本記事では、エンジニアは週1でも稼ぐことができるのかという疑問について解説していきました。結論としては、エンジニアは週1の副業でも稼ぐことができますが、他のエンジニアよりも工夫することが大切になってきます。最近では、副業ブームでエンジニアを目指している人も多いため、何か差別化できなければ稼ぐことが難しいです。

また、エンジニアとして働くだけでなく、ブログやセミナー講師として働く選択肢もあるため、週1で働くのであれば、無理のない範囲で働ける環境を探すようにしましょう。

以上「エンジニアは週1の副業で稼ぐことができるの?副業の際の注意点などを徹底解説!」でした。

よかったらシェアしてね!
もくじ