MENU
おすすめプログラミングスクール紹介用バナー
Webpia編集部
Webpiaはプログラミングとノーコードについて紹介するWebメディアです。主に10~30代向けに記事を執筆しております。
【最大70%オフ】給付金が貰えるプログラミングスクール一覧

フリーランスエンジニアが楽に案件を獲得するには? | 営業のコツも解説!

あなたにぴったりなプログラミングプランは?
RUNTEQのバナー
レバテックルーキーのバナー
はじめてのエンジニアのバナー
こんな方におすすめ!
  • フリーランスエンジニアとして活動しているけど、仕事の案件を獲得できない
  • フリーランスとして独立したいけど、営業するコツがわからなくて不安
  • 楽に案件を獲得して、仕事に困らない方法を知りたい!

フリーランスエンジニアとして独立したものの、案件の受注に困っている方は多いと思います。

とくに、営業に苦手意識を持つフリーランスエンジニアの方も少なくありません。

そこでこの記事では、フリーランスエンジニアが楽に案件を獲得する方法や、営業のコツについてもお伝えします。

この記事を読み終わるころには、仕事の案件に困らずに安定した生活を送る方法を理解できるようになるはずです。

それではさっそく、確認していきましょう!

この記事を簡単にまとめると?
  • フリーランスが案件を獲得するには、クラウドソーシングフリーランスエージェントなどを利用する方法がある
  • 楽に案件を獲得するには、フリーランスエージェントを活用するか、仕事を紹介してもらえるフローをつくる
  • 営業が苦手な方は、自分にあったフリーランスエージェントを活用するのがおすすめ
もくじ

フリーランスエンジニアが案件を獲得する方法6選

まず、フリーランスエンジニアが案件を獲得する方法を、6つ厳選してお伝えします。

フリーランスエンジニアが案件を獲得する方法
  • クラウドソーシングを利用して案件を探す
  • 求人サイトで業務委託案件を探す
  • フリーランスエージェントから案件を探す
  • 知人から案件をもらう
  • 元々いた会社と契約を結ぶ
  • ビジネス系のマッチングアプリを利用する

クラウドソーシングを利用して案件を探す

1つ目は、クラウドソーシングを利用して案件を探す方法です。

クラウドソーシングでは案件情報がまとめて掲載されているため、自分に合った仕事を探して応募できます。

応募が採用されれば、案件を受注できる仕組みです。

実績がなく駆け出しの方でも案件を受注しやすい、というメリットがあります。

しかし、クラウドソーシングのサービス提供者に一定の手数料を支払う必要があるため、注意が必要です。

求人サイトで業務委託案件を探す

2つ目は、求人サイトで業務委託案件を探す方法です。

クラウドソーシングと同じように、自分にあった仕事を探して応募可能です。なお、クラウドソーシングよりも案件の募集総数は少ない傾向にあります。

しかし、クラウドソーシングよりも大きめな継続案件を受託できるという特徴があります。

「職務未経験歓迎」など、自分のこだわっている条件でカテゴリーを絞って検索することも可能です。

フリーランスエージェントから案件を探す

3つ目は、フリーランスエージェントから案件を探す方法です。

フリーランスエージェントは、自分の代わりに営業活動のサポートをしてくれる存在です。営業に時間を割く必要がなくなるため、仕事やスキルアップに集中できます。

また、単価交渉などの煩わしい交渉も任せることができ、単価アップを狙えるというメリットもあります。

稼げるフリーランスエンジニアになりたい方は、フリーランスエージェントの利用をおすすめします!

知人から案件をもらう

4つ目は、知人から案件をもらう方法です。

プライベートの友人や会社員時代の顧客など付き合いの長い知人であれば、自分のスキルや経験を理解してくれています。

つまり、自分に合った仕事を紹介してくれる可能性が高いです。

さらに、お互いにどんな人物か理解した上で仕事がスタートするため、スムーズに進めやすいというメリットもあります。

元々いた会社と契約を結ぶ

5つ目は、元々いた会社と契約を結ぶ方法です。

独立によって、元々いた会社と完全に縁を切る必要はありません。正社員時代にやっていた仕事を、業務委託契約として受注する方法もあります。

会社としても正社員を抱えるリスクを軽減できるため、喜ばれるケースもあります。

円満な形で退社した場合、会社に掛け合ってみるのもいいでしょう。

ビジネス系のマッチングアプリを利用する

6つ目は、ビジネス系のマッチングアプリを利用する方法です。

ビジネス系のマッチングアプリでは、自分のスキルや経験などを開示して、ビジネス関係の知り合いを見つけられます。

マッチングアプリの利用者は世界中にいるため、今までに出会ったことのない人と出会うことが可能です。

新たな出会いをきっかけに、新規サービスなどの新しいビジネスを生み出せる可能性があります。

フリーランスエンジニアがなるべく楽に案件を獲得するには?

次に、フリーランスエンジニアがなるべく楽に案件を獲得する方法をお伝えします。

楽に案件を獲得するためには、次の2つの方法があります。

フリーランスエンジニアが楽に案件を獲得する方法
  • フリーランスエージェントを駆使する
  • 信頼をとにかく作り、紹介してもらうフローを作る

フリーランスエージェントを駆使する

楽に案件を獲得する1つ目の方法は、フリーランスエージェントを駆使することです。

フリーランスエージェントは、クライアントとフリーランスをマッチングさせるサービスのことです。

転職エージェントのフリーランス版、とイメージすると分かりやすいです。

フリーランスエージェントに任せることで、案件獲得のために営業をする時間を節約できます。

また、フリーランスエージェントは営業のプロです。適正単価で仕事を受注できます。

案件の相場価格などを理解していないと、フリーランスエンジニアは低単価で仕事を発注される可能性があります。

しかし、フリーランスエージェントは案件の相場を理解しているため、低単価で案件を受注してくることがありません。

つまり、楽に高単価な案件を受注できるといえます!

信頼をとにかく作り、紹介してもらうフローを作る

楽に案件を獲得する2つ目の方法は、信頼をとにかく作り、紹介してもらうフローを作ることです。

ビジネスの世界では、紹介による仕事の受発注が多いです。信頼できる人に仕事を発注したほうが、初対面の人に仕事を発注するよりもリスクが小さいからです。

そこで、信頼を積み上げて、仕事を自然と紹介してもらえるフローを作りましょう。

なお、フリーランスとして信頼を勝ち取るためには、実績を積み重ねることが求められます。

まずは、既存のクライアントから受注している案件に全力で取り組み、質の高い仕事をしてくれると認識してもらいましょう。

クライアントからの紹介で、新たな案件を紹介してもらえる可能性があります。

営業が苦手なフリーランスが案件獲得のためにやるべきこと

続いて、営業が苦手なフリーランスが案件獲得のためにやるべきことを、4つ厳選してお伝えします。

案件獲得のためにやるべきこと
  1. なぜ営業が苦手か?」を知る
  2. 仕事以外で人に会う機会を増やす
  3. わかりやすく話すことを意識する
  4. 自分を売り込む練習をする

1 : 「なぜ営業が苦手か?」を知る

1つ目に、営業が苦手な理由を知りましょう

「営業が苦手」と言っても、理由には様々なものが考えられます。例えば、営業が苦手な理由として次の3つが挙げられます。

営業が苦手な理由
  • 営業しても断られるのが怖いから
  • 自分をアピールするのが苦手だから
  • 単価交渉などの駆け引きが苦手だから

自分の苦手を理解して、苦手への対策を施しましょう。

2 : 仕事以外で人に会う機会を増やす

2つ目に、仕事以外で人と会う機会を増やしましょう

営業には必ず交渉相手がいます。相手の要望を的確に理解しなければ、両者が納得する提案をできません。

人と会う機会を増やすことで、より多くの人とコミュニケーションを取ることができます。

つまり、相手の気持ちを理解するスキルを習得しやすくなります

仕事以外でも人と会って、気持ちのいいコミュニケーションを自然と取れるようになりましょう

3 : わかりやすく話すことを意識する

3つ目に、わかりやすく話すことを意識しましょう

営業では、案件の単価などを相手に納得してもらう必要があります。案件の難易度や稼働時間などを、相手に理解してもらわなければならないからです。

相手にスムーズに理解してもらうために、わかりやすく話すことを意識しましょう。

例えば、結論ファーストで伝えるPREP法などを利用するのがおすすめです。

4 : 自分を売り込む練習をする

4つ目に、自分を売り込む練習をしましょう

営業では、自分のできることをアピールする能力も不可欠です。

なぜなら、自分を適切に売り込めないと、誰でもできる低単価な案件しか受注できなくなってしまいます

つまり、自分を売り込む能力もある程度求められます。

例えば、過去の実績などをわかりやすくまとめておき、自分のスキルをスムーズに伝えましょう。

案件獲得できるおすすめのフリーランスエージェント3選

最後に、案件獲得できるおすすめのフリーランスエージェントを3つお伝えします。

おすすめフリーランスエージェント3選
  • MidWorks
  • IT PRO PARTNERS
  • FREE-DA

MidWorks

MidWoksは、ITエンジニアやデザイナー向けのフリーランスエージェントです。

Midowoksの大きな特徴は、非公開案件が80%を占めている点です。応募が殺到するような好条件な案件が多数含まれているため、最適な求人を見つけられます。

また、コンサルタントは案件紹介だけでなく、キャリア相談も受けています。収入・スキルアップのための具体的な戦略まで相談することも可能です。

さらに、Midowoksはとにかくフリーランスに寄り添ったサポートをしてくれます。

例えば、案件中断時の給与補償制度などがあるため、スキルはあるのにスタートが切れない人を全力で支えてくれます。

IT PRO PARTNERS

IT PRO PARTNERSは、ITエンジニアやWebデザイナー向けのフリーランスエージェントです。

MidWoksの大きな特徴は、業界で初めて「週2~3日」からの案件を取り扱っている点です。公開されている案件のうち約5割が週2~3日の案件となっているため、自分のライフスタイルに合った働き方を実現できます。

また、仲介会社を挟まずにクライアントと契約しているため、単価が高めです。仲介手数料などの、余分な手数料を支払う心配もありません。

さらに、専属エージェントが希望に合った求人を、綿密な相談を行った上で提案してくれます。

そのため、自分のキャリアや技術力の工場にだけ集中できるというメリットがあります。

FREE-DA

FREE-DAは、ITエンジニアやプログラマ向けのフリーランスエージェントです。

FREE-DAの大きな特徴は、案件の単価が高いことです。保有している案件の平均単価は72万円となっており、業界トップクラスの水準で高単価案件を保有しています。

また、業界で最短クラスの支払いサイトを実現しており、月末締め翌月払いの1日サイトを実現しています。フリーランスとして独立する際に、収入がない状態を避けることが可能です。

さらに、FREE-DAでは充実した福利厚生も提供しているため、生活への不安を軽減できます。

例えば、一般健康診断や、フリーランス限定住宅支援の無料提供などがあります。

フリーランスエンジニアが案件を獲得するには | まとめ

この記事の簡単なまとめ
  • フリーランスが案件を獲得するには、クラウドソーシングフリーランスエージェントなどを利用する方法がある
  • 楽に案件を獲得するには、フリーランスエージェントを活用するか、仕事を紹介してもらえるフローをつくる
  • 営業が苦手な方は、自分にあったフリーランスエージェントを活用するのがおすすめ

この記事では、フリーランスエンジニアが楽に案件を獲得する方法営業のコツについて解説してきました。

フリーランスエンジニアが案件を獲得する方法は多くありますが、自分に合った方法を選びましょう。

営業が苦手な方はフリーランスエージェントを活用して、代わりに営業をしてもらうのがおすすめです。

フリーランスエージェントに任せることで、案件獲得のために営業をする時間を節約できます。また、フリーランスエージェントは営業のプロです。適正単価で仕事を受注できます。

なお、人によっておすすめなフリーランスエージェントは異なります。自分に合ったフリーランスエージェントを確認して、利用してみてはいかがでしょうか?

以上「フリーランスエンジニアが楽に案件を獲得するには? | 営業のコツも解説!」でした。

よかったらシェアしてね!
もくじ