MENU
NAVIGATION
おすすめプログラミングスクール紹介用バナー
おすすめWebマーケティングスクール紹介用バナー
おすすめWebデザインスクール紹介用バナー
カテゴリー
なお
Webpia運営主
21歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、Webpia・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
今井
22卒Webエンジニア
21歳 | Webアプリ開発を独学し、新卒で年収500万円のWebエンジニアとして内定。エンジニア就活の仕方・学んだIT知識などを発信しています。
【随時更新中】厳選されたプログラミングスクール

【2022年最新】Bubbleスクールおすすめ比較4選

  • ノーコードツールのBubbleを学ぶためにスクールに通う必要はあるの?
  • Bubbleを学ぶためのスクールはどれがおすすめ?
  • おすすめのBubbleスクールの選び方を知りたい!

こんなふうに悩んでいる方はいませんか?

「プログラミングができなくてもBubbleを使えばアプリを作れる」と聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、Bubbleをどうやって学べばよいのかよくわからないという方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、

  • Bubbleとはそもそも何か
  • Bubbleを学ぶためのスクールの選び方

などをお伝えする他、Bubble未経験者向けのおすすめのスクールについてもお伝えします!

読み終わるころには、

  • Bubbleを使ってできること
  • Bubbleを効率よく学ぶための具体的なステップ

が理解できているはずです。

ぜひ最後まで読んでみてください!

この記事の簡単なまとめ
  • Bubbleはコードが書けなくてもアプリ開発ができるノーコードツールの中でも群を抜いて幅が広いツール
  • Bubbleは1ヵ月あれば十分に学ぶことができる(アプリが作れるレベルまで)
  • Bubbleを学ぶなら日本No.1のサロンを運営しているNocodeCampコーチングがおすすめ!
  • お問い合わせ時に「なおからの紹介です。」と伝えれば毎月5000円オフで受講可能!(当メディア限定です)

NocodeCampコーチングの公式サイト

もくじ

そもそもBubbleとは?

まず、そもそもBubbleとは何かについて確認していきましょう。

Bubbleとは、ノーコードツールの1つです。

ノーコードというのは、プログラミングのコードを記述しなくてもWebサービスやアプリを開発できる手法のことをいいます。

パソコンの画面上の操作だけで開発できるため、プログラミング未経験者でも開発が可能です。

Bubbleはカスタマイズ性や機能性が高いため、他のノーコードツールよりも幅広い開発ができます。

Bubbleはノーコードツールの中でもトップクラスに利用されているツールです!

おすすめのBubbleスクールの選び方

次に、おすすめのBubbleスクールの選び方を3つに分けてお伝えしていきます。

おすすめのBubbleスクールの選び方
  1. 講師陣の実績を確認する
  2. 作りたいものを決め、卒業後(受講中)に作れるかを確認する
  3. 金額は高すぎないか

それぞれの内容について、詳しく確認していきましょう。

講師陣の実績を確認する

Bubbleスクールの選び方の1つ目は、講師陣の実績を確認することです。

なぜなら、スクールに通うからにはスキルが身につかなければ意味がないからです。

とくに、Bubbleを学びたいと考えている方は実務の場面でBubbleを使いたいと考えたいと考えている方も多いと思います。

そのため、元エンジニアや現役エンジニアといった実績のある講師が在籍しているスクールを選ぶのがおすすめです。

実務でも活かせるレベルのスキルをエンジニアの方から教えていただけます!

講師陣の実績を確認した上でスクールを選んでいきましょう。

作りたいものを決め、卒業後(受講中)に作れるかを確認する

Bubbleスクールの選び方の2つ目として、作りたいものを決め、卒業後や受講中に作れるかを確認することです。

なぜなら、一言でスクールといっても、それぞれのスクールで習得できるレベルが異なるからです。

Bubbleの簡単な使い方を知ってテストアプリを作りたい方もいれば、Bubbleを使ってアプリをリリースする段階までのスキルを身に着けたい方もいるかと思います。そのため、それぞれの人の目的に沿ってスクールを選ぶ必要があるのです。

まずは、自分が何を作りたいのか、どのレベルまでのスキルを身に着けたいのかを考えましょう。

そして、自分が作りたいと考えたものはそれぞれのスクールの卒業後や受講中に作れそうかを確認しましょう。

自分の目的に達成するためにも、作りたいものを決めておくのは大切です。

金額は高すぎないか

Bubbleスクールの選び方の3つ目として、金額は高すぎないかを確認しましょう。

費用が高い=良いスクールということではないので注意が必要です。無理をせずに自分が出せる学のスクールを選ぶようにしましょう。

しかし、1ヶ月で3万円のスクールと、6ヶ月で5万円のスクールではどちらのほうが安いでしょうか?

金額だけをみると後者のほうが高いですが、月単位でみれば前者のほうが高いです。つまり、金額だけでスクールを選ぶのは良くないといえます。

  • 何ヶ月でBubbleのスキル習得したいのか?
  • どのレベルのスキルまで身につけたいのか?
  • 目標を達成できるスクールなのか?

この3つを踏まえた上で、スクールの金額は高すぎないかを確認しましょう。

【未経験者向け】おすすめのBubbleスクール4選

続いて、おすすめのBubbleスクールの選び方を踏まえて、未経験者向けのおすすめのBubbleスクールを4つ紹介します。

未経験者向けのおすすめのBubbleスクール
  • NoCodeCampコーチング
  • BubbleCamp
  • ノコシカ
  • BUBBLEコーチング

それぞれのスクールについて、詳しく確認していきましょう。

【おすすめ】NoCodeCampコーチング

おすすめのBubbleスクールの1つ目は、NoCodeCampコーチングです。

お問い合わせ時に「こばなおの紹介です」と記載していただければ、毎月5000円オフで受講可能です!

NoCodeCampコーチングの基本情報は以下のようになります。

NoCodeCampコーチングの基本情報
スクロールできます
最低金額30,000円(税別)〜
受講期間30日間
講師現役エンジニアや元エンジニア
通学タイプオンライン

また、NoCodeCampコーチングには以下の3つのおすすめポイントがあります。

NoCodeCampコーチングの3つのおすすめポイント
  1. 自分のレベルに合わせてスタンダートプランかフルコースプランを選べる
  2. 個別指導のコーチングを受けられる
  3. 講師の方々はNoCodeに関するツールのスペシャリスト

以上をまとめると、NoCodeCampコーチングは自分のレベルに合わせて個別に学習を進めていきたいと考えている方におすすめなBubbleスクールです。

NocodeCampコーチングの公式サイト

BubbleCamp

おすすめのBubbleスクールの2つ目は、BubbleCampです。

BubbleCampの基本情報は以下のようになります。

BubbleCampの基本情報
スクロールできます
最低金額13,200円(税込)〜
受講期間30日間(継続プランあり)
講師現役エンジニア
通学タイプオンライン

また、BubbleCampには以下の3つのおすすめポイントがあります。

BubbleCampの3つのおすすめポイント
  1. Webアプリを作れるようになるための個別指導を受けられる
  2. BubbleCampのブログ内でスクール受講者の成果報告が確認できる
  3. 継続プランで自分好みに受講期間をカスタマイズできる

以上をまとめると、BubbleCampはBubbleのスキルが身につくまで受講期間を自由にカスタマイズして学習したい方におすすめなBubbleスクールです。

ノコシカ

おすすめのBubbleスクールの3つ目は、ノコシカです。

ノコシカの基本情報は以下のようになります。

ノコシカの基本情報
スクロールできます
最低金額29,800円(税別)〜
受講期間1ヶ月〜最長1年
講師不明
通学タイプオンライン

また、ノコシカには以下の3つのおすすめポイントがあります。

ノコシカの3つのおすすめポイント
  1. 動画コンテンツで学習し放題となっている
  2. 全額返金保証が用意されている
  3. 1年プランでコスパよく学習ができる

以上をまとめると、ノコシカは1年などの時間をかけてじっくりとコスパよく学習していきたい方におすすめなBubbleスクールです。

【おすすめ】BUBBLEコーチング

おすすめのBubbleスクールの4つ目は、BUBBLEコーチングです。

BUBBLEコーチングの基本情報は以下のようになります。

BUBBLEコーチングの基本情報
スクロールできます
最低金額月/50,000円(税込)〜
受講期間1ヶ月~
講師BubbleエキスパートのRyoさん
通学タイプオンライン

また、RyoさんのBUBBLEコーチングには以下の3つのおすすめポイントがあります。

BUBBLEコーチングの3つのおすすめポイント
  1. Bubbleのプラグインをブログで多数解説しているRyoさんが講師
  2. 1時間のプランから1ヶ月のプランまで、様々なプランが用意されている
  3. Ryoさんは月150万のBubble案件をこなしたことがある業界最前線の講師

以上をまとめると、RyoさんのBUBBLEコーチングは実力のある講師から直接教わって急成長したいと考えている方におすすめなBubbleスクールです。

BUBBLEコーチングへのお問い合わせ

Bubbleスクールの比較表

スクロールできます
スクール最低金額受講期間講師通学タイプ
NoCodeCampコーチング30,000円(税別)〜30日間現役エンジニアや元エンジニアオンライン
BubbleCamp13,200円(税込)〜30日間(継続プランあり)現役エンジニアオンライン
ノコシカ29,800円(税別)〜1ヶ月〜最長1年不明オンライン
BUBBLEコーチング 5,000円(税込)〜1時間〜1ヶ月BubbleエキスパートのRyoさんオンライン

Bubbleスクールに通う前にするべき独学

おすすめのBubbleスクールを確認したところで、Bubbleスクールに通う前にするべき独学についてお伝えしていきます。

以下の2つの独学をしておくことで、スクールでの学習を質の高いものにできます

Bubbleスクールに通う前にするべき独学
  • Youtube動画を見ながらアプリの模写
  • DBの基礎を理解する

それぞれの内容について、詳しく確認していきましょう。

Youtube動画を見ながらアプリの模写

まず、Bubbleスクールに通うまでにYoutube動画を見ながらアプリの模写をしましょう

なぜ模写が大切かというと、プロのエンジニアのスキルが詰まっているからです。

模写をすることでアプリを作るための基礎知識を効率よく学習できます。また、プロが作るデザインを模写することで、デザイン力も向上します。

Bubbleをこれから学習していきたいという方は、まずはYouTube動画を見ながらアプリを模写して、基礎を抑えておくのが良いでしょう。

例えば、「ノーコードスクール」のしんじさんの動画がおすすめです。

わかりやすくBubbleの概要からアプリの作り方まで解説されています。

DBの基礎を理解する

また、Bubbleスクールに通うまでにDBの基礎を理解しておくとよいです。

Bubbleを使えばプログラミングがなくてもWebページやアプリが作れるようになります。

しかし、DBに対する理解を深めていないと、せっかく作ったアプリをカスタマイズができなくなってしまいます

質の高いアプリなどを作るために、DBの基礎を理解しておくのは必須です!

DBの基礎知識の例としては、CRUD(クラッド)という概念などを理解しておくと良いです。

CRUDとは、データに対する「作成」「読み取り」「更新」「削除」という4つの機能のことをいいます。

CRUDが指す4つの機能
  1. C:データを作成する(Create)
  2. R:データを読み取る(Read)
  3. U:データを更新する(Update)
  4. D:データを削除する(Delete)

「Create」「Read」「Update」「Delete」の頭文字をとって「CRUD」というのです。

詳しくは以下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

Bubbleスクールに関するよくある質問

Q1 Bubbleを学ぶためにスクールに通う必要はあるの?

Bubbleは独学でも十分学習可能です。

しかし、Bubbleを学ぶためのコンテンツは世の中にあまり出回っていないため、独学だと短期間で効率よく学習しにくいといえます。

1ヶ月でアプリを作れるようになりたい方や、誰かに相談しながら効率よく学習したいと考えている方は、スクールに通うことをおすすめします。

Q2 ノーコードで案件を獲得し、稼ぐことはできるの?

ノーコードで案件を獲得して稼ぐことは十分可能です。

例えば、200万弱の開発案件であればクラウドソーシングサイトなどにたくさん掲載されています。

スクールでBubbleのスキルを身につければ、支払ったスクール費用をBubbleの案件で稼ぐことはそこまで難しくないといえます。

Q3 ノーコードツールはたくさんあるが、Bubbleを選んで大丈夫?

確かに世の中にはBubble以外にもたくさんのノーコードツールが存在しています

しかし、Bubbleは他のノーコードツールよりもカスタマイズ性や機能性が高いというメリットがあります。

そのため、現在でもノーコードツールの中でもトップクラスの利用者を誇っているのです。

Bubbleは今後もノーコードアプリ開発で最前線にいると考えられるので、Bubbleを選んでも問題ないといえます。

おすすめのBubbleスクール比較まとめ

この記事では、ノーコードツールであるBubbleのおすすめスクールを、スクールの選び方を含めてお伝えしました。

まとめると、以下のようになります。

この記事のまとめ
  • ノーコードツールであるBubbleを使うと、プログラミングができなくてもWebサイトやアプリが作れる
  • Bubbleスクールを選ぶ上で、講師陣の実績、自分の目的に合っているか、金額は高すぎないかを確認する
  • 未経験者向けのおすすめのBubbleスクールは、NoCodeCampコーチング、BubbleCamp、ノコシカ、RyoさんのBubbleスクールの4つ
  • Bubbleスクールに通う前には、Youtube動画を見ながらアプリの模写や、DBの基礎理解などの独学をしておくとよい

Bubbleのスキルを今のうちから身につけておくことで、将来的な収入アップも夢ではありません。

気になった方は、Bubbleスクールをチェックしてみてはいかがでしょうか?

以上、『【2022年最新】Bubbleスクールおすすめ比較4選』でした。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる