MENU
おすすめプログラミングスクール紹介用バナー
Webpia編集部
Webpiaはプログラミングとノーコードについて紹介するWebメディアです。主に10~30代向けに記事を執筆しております。
【最大70%オフ】給付金が貰えるプログラミングスクール一覧

プログラミング言語「Go」の特徴とできることを具体例付きで紹介!

あなたにぴったりなプログラミングプランは?
RUNTEQのバナー
レバテックルーキーのバナー
はじめてのエンジニアのバナー

こんにちは!
現役Webエンジニアの今井(@ima_maru)です。

本記事は、今注目を集めているプログラミング言語「Go」についての記事になります。

Googleが開発した比較的新しい言語で、近年人気急上昇中のプログラミング言語です。

大手企業もGoを採用してきていて、案件数も着実に増えてきています。

そんな今注目のプログラミング言語Goについて詳しく見ていきましょう。

この記事を簡単にまとめると?
  • Goは2009年に登場した比較的新しいプログラミング言語
  • 開発元はGoogleで、YouTubeの開発言語にもなっている
  • シンプルな言語設計、並行処理に強い、高い処理速度などの特徴がある
  • 主な用途はWebサーバー開発やWebアプリ開発
  • 人気や需要が爆伸びしているプログラミング言語のひとつ
もくじ

プログラミング言語「Go」とは?

プログラミング言語「Go」は、2009年に登場した比較的新しいプログラミング言語で、Googleが開発したことでも有名です。

正式名称は「Go」ですが、よく「Go言語」「Golang」と表記されます。

主にWebサーバー開発やWebアプリ開発で用いられる言語で、近年人気が急上昇している言語のひとつです。

プログラミング言語「Go」の特徴を3つ紹介!

シンプルな言語設計

Go言語は、非常にシンプルな言語設計となっています。

そのため、「コードが見やすい」「だれが書いても同じようなコードになりやすい」というような特徴があります。

コードの書き方はC言語やJavaに似ているので、これらを学んだことがある方は習得が早いかもしれません。

package main

import "fmt"

func main() {
  fmt.Printf("Hello world\n")
}

並行プログラミングが簡単

Go言語には、ゴールーチンと呼ばれる軽量スレッドのような機能があります。

go hoge()

このゴールーチンを使うことで、二つの機能を並行して動かすといった「並行プログラミング」が簡単に実装できるという特徴をもっています。

また、並行プログラミングはデータの不整合といった危険性を伴う場合があるのですが、Go言語はそれらにも配慮した言語設計になっています。

処理速度が速い

Go言語は、処理速度が速いといわれているコンパイラ型言語のひとつです。

人気のサーバーサイド言語と比較しても、処理速度で優っているといえるでしょう。

そのため、高い処理速度が求められる開発に適しているといえます。

プログラミング言語「Go」でできることを5つ紹介!

Webサーバー開発

Go言語は、大量のトラフィックを裁く必要があるWebサーバーの開発に適しています。

これは、安全性を兼ね備えた並行プログラミングが可能なことや高い処理速度をもっていることが大きいでしょう。

標準のライブラリを使って簡単にWebサーバーが構築できることも良い点でしょう。

Webアプリ開発

Go言語は、Webサーバーの開発だけでなく、Webアプリ開発まで行うことができます。

例えば、YouTubeの開発言語としてGo言語が用いられています。

特に、マイクロサービスという複数のWebアプリを組み合わせて大きなサービスを作るような開発に向いています。

スマホアプリ開発

Go言語は、Android/iPhoneのアプリ開発も行うことができます。

有名なスマホアプリの例でいえば、「メルカリ」「グノシー」が挙げられます。

IoT開発

Go言語は、IoT開発も行うことができます。

有名な例でいえば、ドローンの「Tello」などが挙げられます。

開発者向けツール/ソフトウェアの開発

Go言語は、開発者向けのツールやソフトウェアを開発することができます。

例えば、モダンなWebアプリ開発には欠かせない「Docker」はGo言語で開発されています。

プログラミング言語「Go」の需要は爆伸び中!学ぶなら今。

近年、Go言語の人気や需要が急上昇しています。

これからメジャーな言語となることも考えられる将来性の高いプログラミング言語です。

そんなGo言語の人気や需要を見ていきましょう。

人気ランキングで急上昇中!

Go言語は、人気度ランキングが急上昇中の言語です。

今後、さらに人気になっていくことが予想されます。

案件数もここ数年で増えてきている!

まだまだメジャーなプログラミング言語に比べると少ないほうですが、徐々にGo言語の案件数が増えてきています。

プログラミング言語案件数単価平均単価
Java8,314件30~165万円68万円
JavaScript5,903件25~145万円71万円
PHP5,258件23~165万円72万円
C#2,550件25~165万円67万円
Python2,489件25~145万円76万円
Ruby2,090件39~145万円80万円
TypeScript1,377件35~145万円78万円
Swift1,342件40~125万円79万円
C++1,242件40~125万円70万円
Go1,162件24~145万円81万円
Kotlin924件42~125万円81万円
C言語874件40~115万円66万円
2022年7月のレバテックフリーランスの案件数と平均単価
プログラミング言語案件数
JavaScript1,018件
PHP612件
TypeScript510件 ※ワード検索のため少し多めに出ている
Java403件
Python357件
Ruby332件
Kotlin265件
Go254件
Swift200件
C#120件
C/C++101件
2022年7月のランサーズエージェントの案件数

大手企業が採用してきている!

開発元であるGoogleではもちろん、多くの大手IT企業がGo言語を採用してきています

Go言語が使用されたアプリの例としては、「YouTube」「メルカリ」「Gunosy」などが挙げられます。

私の企業もGo言語を徐々に採用してきています!

今後もGo言語を採用する企業が増えていくことが予想されています。

プログラミング言語「Go」のまとめ

本記事ではGo言語について解説しました。

Goの特徴やできることがおわかり頂けたかと思います。

今後Goの需要はさらに高まっていくと推測されます

Webアプリ開発に興味がある方は、PHPやJavaといった主要な言語に加え、Goという選択肢も持っておくとよいでしょう。

以上「プログラミング言語「Go」の特徴とできることを具体例付きで紹介!」でした!

最後までご覧いただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
もくじ