MENU
NAVIGATION
おすすめプログラミングスクール紹介用バナー
おすすめWebマーケティングスクール紹介用バナー
おすすめWebデザインスクール紹介用バナー
カテゴリー
なお
Webpia運営主
21歳 | WEBメディアの会社で部長をやりながら、Webpia・特化メディア・WEB制作~コンサル・SEOディレクター・投資・就活相談など幅広くやっています。
今井
22卒Webエンジニア
21歳 | Webアプリ開発を独学し、新卒で年収500万円のWebエンジニアとして内定。エンジニア就活の仕方・学んだIT知識などを発信しています。
【随時更新中】本当におすすめのプログラミングスクールを徹底比較!!

通っても挫折?プログラミングスクールは受け身だと挫折する!

「プログラミングスクールに通えば誰でもプログラミングを習得できるのかな?」
「プログラミングスクールに入って挫折しないか心配…。」
「挫折しないでプログラミングスクールに通うコツを知りたい!」

こんなふうに悩んでいる方はいませんか?

「プログラミングスクールに通っても、挫折して上手くいかなかった人がいる。」

こんなことがよく言われています。

しかし、実際にプログラミングスクールに通って挫折するのか、理由も含めて詳しく知りたいという方も少なくないのではないでしょうか?

結論から言うと、プログラミングスクールに通っても挫折する人はいます。

この記事では、

  • なぜプログラミングスクールに通っても挫折してしまうのか
  • 挫折せずにプログラミングスクールに通い切るためにはどうすればよいのか

といった疑問を解決するほか、挫折しにくいおすすめのプログラミングスクールについてもお伝えします!

読み終わることには、

  • プログラミングスクールで挫折しない方法とは何か
  • 挫折しない環境が整ったプログラミングスクールがどこなのか

が理解できているはずです。

ぜひ最後までご覧ください!

もくじ

プログラミングスクールに通っても挫折してしまう人

まず、プログラミングスクールに通っても挫折してしまう人の特徴について解説していきます。

プログラミングスクールに通っても挫折してしまう人
  1. スクールに頼りっぱなし
  2. 自分が考えていた未来像とのギャップ
  3. お金を払っただけで満足してしまった

それぞれの内容について、詳しく確認していきましょう!

スクールに頼りっぱなし

プログラミングスクールに通っても挫折してしまう人の特徴の1つ目は、スクールに頼りっぱなしな人です。

プログラミングは自分で手を動かして学習することが大切です。

しかし、スクールに頼りっぱなしになると、プログラミングの学習を自分で頑張る力が身につきません。そのため、スクールに通っても学習が続かなくなってしまいます。

例えば、家に帰って自主学習をしない人や、わからないところを自分で考えずにすぐに質問してしまう人は、自分で解決するための力が身につかないのです。

スクールに頼りっぱなしになると自分で頑張る力が身につかないため、挫折しやすいといえます。

自分が考えていた未来像とのギャップ

プログラミングスクールに通っても挫折してしまう人の特徴の2つ目は、自分が考えていた未来像とのギャップが大きい人です。

少し頑張ってプログラミングができるようになれば、フリーランスになって自由な働き方ができて、年収が大幅にアップするというイメージを抱いている方も多いと思います。

Webpia運営主

しかし、実際にプログラミング学習を始めてみると、学習が予想以上に大変だと感じる方や、黙々と学習することに孤独を感じる方も多いです。

そのため、自分が想像していた以上にプログラミング学習は大変だと気づいてモチベーションが低下し、挫折してしまいます。

自分が考えていた未来像とのギャップが大きい人はモチベーションが低下しやすいため、挫折しやすいといえるのです。

お金を払っただけで満足してしまった

プログラミングスクールに通っても挫折してしまう人の特徴の3つ目は、お金を払っただけで満足してしまった人です。

Webpia運営主

スクールの料金は高いので、どうしても高いお金を払って満足してしまう人が生まれてしまいます。

プログラミングスクールで学習するということは、プログラミングスキルを身に着けて年収アップさせたいなどの目標があるはずです。

しかし、プログラミングスクールに入学しただけでその目標が達成できたと感じてしまう人も少なからずいます。

なぜなら、スクールに入学するまでのモチベーションが一番高く、その後にモチベーションが低下していってしまい、最終的に挫折してしまうからです。

旅行本番よりも旅行を準備しているときのほうが楽しいと感じる人など、準備のほうが力が入ってしまうタイプの方は要注意といえます。

挫折せず、プログラミングスクールに通いきるためには?

次に、挫折せず、プログラミングスクールに通い切るためにはどうすればよいのかについて、お伝えしていきます。

挫折せず、プログラミングスクールに通い切るためには?
  1. とにかくギャップをへらすこと
  2. SNSなどを活用し、輪を広げる
  3. スクールに通う目的を明確にする
  4. 挫折率が低い(サポートが手厚い)スクールを選ぶ

それぞれの内容について、詳しく確認していきましょう!

とにかくギャップを減らすこと

挫折せず、プログラミングスクールに通いきるための方法の1つ目は、とにかくギャップを減らすことです。

なぜなら、ギャップが大きいとモチベーションが低下しやすいからです。具体的には、現実を知って過度に期待しないことが重要となります。

例えば、プログラミングの勉強はスクールに通えば誰でも習得できるものではないことを理解することなどがあげられます。

プログラミングは自分で手を動かしてコーディングすることで習得できます。つまり、スクールの講義を受けただけでは習得できないのです。

プログラミングの学習は地味で大変だということなど、現実を知ってとにかくギャップを減らしていきましょう

SNSなどを活用し、輪を広げる

挫折せず、プログラミングスクールに通いきるための方法の2つ目は、SNSなどを活用し、輪を広げることです。

目標を持った人たちとSNSなどを通じて知り合うことで、同じ目標を持った人と一緒に頑張れる環境をつくれます。

Webpia運営主

一人だと挫折しやすいですが、複数人で協力することで挫折しにくい環境を作れます!

また、プログラミングをしているときに生じた問題などは1人で解決するのが難しいものも多くあります。

問題が生じた場合でも仲間がいれば、仲間に聞いて素早く問題を解決でき、学習へのモチベーションを下げなくて済みます。

さらに、将来に役立つ人脈をつくることもできます。

一人で黙々と頑張る時間も大切ですが、SNSなどを活用して輪を広げ、一緒に頑張るエンジニアを探していきましょう

スクールに通う目的を明確にする

挫折せず、プログラミングスクールに通いきるための方法の3つ目は、スクールに通う目的を明確にすることです。

なぜなら、目的がしっかりと決まっていると、その目的に向かってどのように行動すればよいのか見えてくるからです。

スクールに通う方は「ただひたすらにプログラミングがしたいから、プログラミングを勉強する」という方は少ないと思います。

Webpia運営主

アプリを自分で作ってみたい、フリーランスとして自由に働きたいなど、スクールに通う理由がそれぞれあるはずです!

スクールに通う目的を明確にすることで、何のためにプログラミングしているのかという目的を見失わないようにしましょう!

挫折率が低い(サポートが手厚い)スクールを選ぶ

挫折せず、プログラミングスクールに通いきるための方法の4つ目は、挫折率が低い(サポートが手厚い)スクールを選ぶことです。

プログラミングスクールは前払い制のため、利用者を増やすための広告費にはお金をかけます。一方で、肝心のサポートは手薄いスクールも多いです。

なぜなら、スクールは入学時に授業料はもらっているため、生徒が挫折してもスクールの売上には関係ないからです。

そのため、挫折率が低く、手厚いサポートをしてくれるスクールを見極めて選ぶことが、挫折しないためのポイントとなります。

挫折率が低く卒業後も明るいプログラミングスクール3選

最後に、挫折率が低く卒業後も明るいプログラミングスクールを3つお伝えしていきます!

挫折率が低く卒業後も明るいプログラミングスクール3選
  1. テックアイエス(tech i.s.)
  2. RUNTEQ(ランテック)
  3. COACHTECH(コーチテック)

それぞれのプログラミングスクールについて、詳しく確認していきましょう!

テックアイエス(tech i.s.)

挫折率が低く卒業後も明るいプログラミングスクールの1つ目は、テックアイエス(TECH I.S.)です。

テックアイエスは、主に以下の3つのメリットがあります。

テックアイエス(tech i.s.)の3つのメリット
  1. サポートが充実しているプログラミングスクールNo.1の実績
  2. カリキュラムが日本基準ではなく世界基準
  3. 受講者に最適な学習スタイルが取れる

上記のメリットの中でも、テックアイエスはサポートが充実しているプログラミングスクールNo.1の実績がある点が特徴的です。

5分以内にzoomもしくは対面にて画面を一緒に見ながら問題を解決してくれるなど、プログラミングの疑問をすぐに解決してくれます。

これにより、プログラミングでハマりがちな問題をすぐに解決でき、モチベーションの低下を防いでくれます。

転職/副業者向け!稼ぐに特化!

テックアイエスの公式サイト

RUNTEQ(ランテック)

挫折率が低く卒業後も明るいプログラミングスクールの2つ目は、RUNTEQ(ランテック)です。

RUNTEQは、主に以下の3つのメリットがあります。

RUNTEQ(ランテック)の3つのメリット
  1. 業界最多の学習時間
  2. 高品質なポートフォリオ制作
  3. 本人が希望する会社への就職サポート

上記のメリットの中でも、RUNTEQは業界最多の学習時間が特徴的です。

RUNTEQでは最高で1000時間以上の学習時間を確保できるため、徹底的に自分自身のプログラミングスキルを高められます!

これにより、RUNTEQを卒業した後に即戦力のエンジニアとして就職/転職できるのです。

就職/転職者向け!即戦力エンジニアを目指す!

ランテックの公式サイト

COACHTECH(コーチテック)

挫折率が低く卒業後も明るいプログラミングスクールの3つ目は、COACHTECH(コーチテック)です。

COACHTECHは、主に以下の3つのメリットがあります。

COACHTECH(コーチテック)の3つのメリット
  1. 30分以内に必ず返信が来る質問サポート
  2. フリーランスに特化したオーダーメイドカリキュラム
  3. 就転職のプロ『レバテック』と連携したサポート

上記のメリットの中でも、COACHTECHは30分以内に必ず返信が来る質問サポートが特徴的です。

30分以内に必ず返信がくるため、プログラミング中に生じた疑問点をすぐに解決できます。

これにより、わからないところをそのまま放置せずに、モチベーションを高めてプログラミングの学習に取り組めます。

挫折率3%フリーランスを目指す!

コーチテックの公式サイト

プログラミングスクールで挫折しないようにするには?まとめ

この記事では、プログラミングスクールに通っても挫折するのか、理由を含めてお伝えしました。

まとめると以下のようになります。

この記事のまとめ
  • スクールに頼りっぱなし、未来像とのギャップが大きい、お金を払っただけで満足する人は、プログラミングスクールに通っても挫折しやすい
  • プログラミングスクールで挫折しないためには、ギャップをへらし、SNSなどで輪を広げ、スクールに通う目的を明確にし、サポートが手厚いスクールを選ぶことが大切
  • 挫折率が低く卒業後も明るいプログラミングスクールとして、テックアイエスRUNTEQCOACHTECHがあげられる

以上となります!

プログラミングスクールに通い切ることでプログラミングスキルが身につき、将来的に収入アップを狙えます。

気になった方は、今回ご紹介したプログラミングスクールについてチェックしてみてはいかがでしょうか?

以上、「通っても挫折?プログラミングスクールは受け身だと挫折する!」でした。

おすすめプログラミングスクール紹介用バナー
おすすめWebマーケティングスクール紹介用バナー
おすすめWebデザインスクール紹介用バナー
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
もくじ
閉じる